2014年04月27日

宮之浦岳 〜 登山シーズン到来 〜

皆様いかがお過ごしでか?

屋久島にもべストシーズンに到来!ゴールディンウィーク到来と言う事で「コテージくつろき」もお陰様で沢山のお客様をお迎えする予定です。(と言っても3部屋しかないのですが。。。)

「コテージ くつろき」に宿泊される方の約9割は縄文杉登山を目的としていらっしゃります。と言うのも縄文杉へのシャトルバス乗り場はコテージのある安房エリアにあるので、早朝出発と言う事もあり、なるべく近くに宿泊する結果なのでしょが、今年も暖かくなり登山客も増えてきました。ちょっと違うのは今年はと言うか今月は、縄文杉だけでなく、宮之浦岳を目指す登山のお客様が増えております。

p4.jpg
(宮之浦岳山頂からの景色)

実は宮之浦岳の登山にも近いのが安房なんです。
宮之浦岳の記事は昨年も登山に行った際ブログに書かせていただいたのですが、日本百名山の100番目の山で標高1,936mもあり九州で一番高い山です。縄文杉が森の中を歩く登山だと、宮之浦岳の方は最初は森だけどだんだん標高が高くなると、高い木々がなくなり高原を歩くので景色も色々楽しめ、とてもきもちのよい登山ですよ。

宮之浦岳を目指す際、通常標高1330mの淀川登山口からスタートします。でこの淀川登山口と言うのはヤクスギランドの少し先にあるんです。登山口へは残念ながら路線バスが走っていないので、タクシー又はレンタカーで行く事になります。ガイドさんを頼むとガイドさんが送迎してくれるので、宮之浦岳へ行かれる方はガイドさんを頼むのをお勧めします♪ 提携している「屋久島ガイドクラブ」さんにお願いすると宿泊者割引が受けられるのでお勧めですよ。

今年も、5月24日〜6月1日まで、「屋久島しゃくなげ登山」が開催されます。
この時期、宮之浦岳や黒味岳を登山すると沢山の屋久島しゃくなげが咲いていて一度に二度おいしい登山を楽しめますよ。
P03.jpg
「屋久島しゃくなげ登山」の詳細は観光協会ブログをご参照ください。

簡単に宮之浦岳に登った時のスケジュールを紹介します。
良かったら参考にして下さい。

4:00 集合してお弁当屋さんへ。
  (安房には早朝4時から空いてるお弁当屋さんが3軒もあり登山に便利です♪)
5:00 淀川登山口へ到着 
  (登山口へは一番近い安房からでも車で約1時間かかります)
5:30 トイレなどを済ませていざ登山スタート
  (日の出前の暗い時間からスタートなのでヘッドライトなどがあると便利です)
6:30 淀川小屋にて30分ぐらい休憩&朝食
8:30 途中「とうふ岩」の写真撮影などをしながら花之江河でまた休憩
9:30 投石平でちょこっと休憩 (天気が良いとここも絶好の休憩ポイント)
11:00 宮之浦岳山頂♪ お昼にはまだ早いので少し遊んで帰路へ
12:30 投石平に到着(下りが多かったのに往路より長く感じた)1時間ぐらい休憩&お昼
14:30 花之江河で休憩 (このころから私はペースダウン。。。)
15:45 淀川小屋になんとか到着 (バテバテだった私を見かねて友人が荷物を持ってくれました)
17:00 淀川登山口へやっとこさ到着 (暗くなり始めで無事ゴール)
18:00 宿のある安房へ無事帰還
posted by くつろき at 17:54| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

日本百名山の100番目

日本百名山の100番目の山を知ってますか?
100番目に選ばれたと言うわけではなく、北の北海道から順にならんでいるので100番目は南にある、屋久島の宮之浦岳(標高1,936 m)なんです。
実は屋久島には九州地方の高い山TOP10のうち7つランクインしていてその中の一番高い山、つまり九州地方の最高峰の山が宮之浦岳なんです。

その宮之浦岳に一昨日友人と4人で初挑戦しましたイベント

縄文杉と同じく10時間以上かかると言う事で真っ暗の早朝4時出発がく〜(落胆した顔)

淀川登山口(標高1330m)まで車で約1時間、まだ薄暗く肌寒い早朝5時から登山を開始、天候にも恵まれ順調に進み午前11時前には全員で山頂に到着しました。

p1.jpg

天気が良かったので晴れ山頂から肉眼で口之永良部島もうっすら見えましたよ

p4.jpg

今週末からはシャクナゲ登山がはじまると言う事もあり、ヤクシマシャクナゲがきれいに咲き誇っていて、沢山の人々登山客がシャクナゲを楽しんでいました。

p3.jpg

シャクナゲはこの時期ならではの屋久島の風物なんです♪

帰り道の捨石平近くでは小さいおじさんに遭遇したので、友達が頭の上に乗せて記念撮影しました

p2.jpg

後半私がダウンしてしまい、ペースダウンしてしまいましたが、午後5時頃無事登山口へ到着、約12時間の登山で夜はぐっすりでした。今も筋肉痛で階段を降りるのが痛いですふらふら。。明後日には予約のお客様があるけどそれまでに治るんだろうか。。。

縄文杉の登山は森の中を歩くと言った感じですが、宮之浦岳は標高が高いせいか高原を歩くと言った感じでまったく景色の違いとっても気持ちよく新鮮でした。
10時間以上歩くのは不安と言う方、ご安心ください。宮之浦岳より手前に黒味岳と言う山があります。こちらは6時間ぐらいのコースで、同じような景色が楽しめまするんるん

宮之浦岳の名前には宮之浦とありますが、日帰り登山に使用する淀川登山口(黒味岳も同じ登山口です)へは縄文杉登山の荒川登山口と同じく安房エリアが便利です。
宮之浦エリアに宿泊すると車で30分は余計にかかります。早朝の30分ってとっても貴重かと思います。安房エリアに宿泊の際はぜひ「コテージくつろき」にご宿泊くさいねぴかぴか(新しい)
posted by くつろき at 20:15| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。